SiteMap

ARTICLE LIST

今や池袋の名物

黒い下着の女性

今も昔も池袋のイメージは様々な文化が入り乱れている、そして若者が遊びやすい環境の街というキーワードが正しいのではないでしょうか。そして、ファッションや文化の発信拠点として非常に大きな役割を果たしてきたとも言えます。もちろん、これはエンターテインメント、そして風俗ン関しても同じだといえます。昔は風俗といえば、高くてお世辞にもなかなか若者の味方といえないような料金設定であったのが、池袋のような土地がモデルケースとなって、激安風俗といわれる業態が増えてきたのではないかと思います。
なんしろ、単価を安く設定しても多少お金に世湯があればオプションで設定、さらには人数が多いだけにその回転率も高い、または近隣のさまざまな飲食店との関係を考えても非常に効率的にお客様を誘客しやすいというプラン面があります。なかなかPRが難しい風俗業界において、こうした環境は広告宣伝費を削減できます。ひいてはこうした激安風俗が谷内行環境につながっていくわけです。
以上のような背景から、これからも池袋の激安風俗は繁栄を続けていくと考えられますし、同じような土地が、池袋をモデルケースにして増えていく可能性さえ秘めているわけです。

激安デリヘルだけではない池袋の激安風俗

若者が多く集まる街、池袋の激安風俗といえば熟女を中心とした激安デリヘルを思い浮かべる方が多いでしょう。確かに、池袋、大塚の一帯には30代後半以上の女性が中心に在籍する、30分4000円程度の激安デリヘル店が数多くあり、非常に手軽に風俗を楽しむことができる街です。しかし、激安デリヘル以外にも、手頃な値段で楽しむことができる風俗があります。
まず紹介したいのがセクキャバ。他の地域では50分6000円程度が相場ですが、池袋も通常料金では同じです。しかし、池袋のセクキャバはメルマガなどのクーポンを使うことによって、50分4000円程度で遊べるお店がたくさんあります。さらに、お店によっては初回限定であるものの、60分3000円と破格の料金設定のお店もあるので、友人とチェーンの居酒屋に行くよりも安くセクキャバで楽しむことができます。
そして、次にオススメの激安風俗はピンサロ。池袋の東口のビルにはピンサロ店がたくさんあります。中には20分3000円で抜けるお店もあり、飲みの帰りに気軽に抜けるので重宝します。具体的なお店の名前は、風俗店をまとめたサイトや週刊誌などにも載っているので、興味のある方は是非激安風俗店を確認してみてください。他の地域よりもだいぶ安い値段で女の子と楽しむことができます。

池袋の現在の物価

現在の池袋はどのようなイメージをお持ちでしょうか?交通の便がよく、住み良い街ランキングでも上位3位以内に入るような都市になりました。確かに現在の池袋は住み良い街を目指し、治安を良さの向上、公共施設の充実、元の立地の良さを活かした交通施設により周りからより良い街として映っているのは事実です。そんなより良い街を売りにしている池袋でも以前より発展してきたこの業界については手放す事は出来ません。
それは風俗業界です。いやらしい話をしますと街として発展している特徴として風俗が発展しているといった特徴があります。それは池袋のみならず各都市に関して言えることであります。そして、その風俗業界が発展してきて落ち着く所は値段の高騰、価値の高騰その土地での物価の向上。人気が出てきますと当前土地、家賃などが高くなるのは当然です。そして、その煽りの結果、風俗業界の価値の向上にも繋がります。当然、上がったらある程度の価値のところで落ち着きますが、それが現在の池袋風俗業界です。他の地域の風俗よりも安くサービスを享受することが出来ます。巷では池袋の激安風俗と呼称されています。激安風俗と言えどもサービス内容は同じもの、もしくは激安風俗の方がより良いものです。是非この安くなっている時期を欠かさず利用してみましょう。